おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

バイク屋さんに行って来ました。

仕事終了後師匠と待ち合わせをして、バイク屋さんに連れて行ってもらいました。



師匠の通うバイク屋さんは、新車販売店では無くどちらかというとバイクのチューニングショップという感じのお店です。





師匠「前に話しをしていた、来夢さんです。二段階になったから顔合わせに来たいって言うから連れて来たんだぁ(笑)」
と紹介して頂きました。


私「はじめまして、来夢と申します…やっと二段階になって…免許が取れそうなので…やっと来られました」f(^_^;)


バイク屋さん「はじめまして、◯◯です。宜しくお願いします!そうそう、昨日S指導員が来て、もう少しで免許取れるよ!って話してたよ!(笑)話しを聞いてもっと背の低い人かと思った(笑)」


私「あっ、そうなんですね…S指導員には、凄くよくして頂いて…前回の教習も担当して頂いて…お世話になりっぱなしです。なにか言ってましたか?時間掛かり過ぎとか…(笑)」
(昨日…S指導員来てたんだぁ…常連客なんだぁ…いつか、バイク屋さんで会いそう…)


バイク屋さん「頑張ってるよ!って言ってたよ。あと、もう少しだからって言ってたよ。教習安心パック入ってるんでしょ?」


私「はい、でも50時間越えてしまって…」


バイク屋さん「そうなんだ…でも、規定時間で終わってしまう人より、教習所で沢山乗った人の方が、基礎が身に付くから良いと思うよ。免許取ったら、そんな機会無いからね。で、バイクは、VTRを探してるだよね。」


私「はい!足つきで考えると、レブルでも良いかな?と思ったんですけど、S指導員がVTRの方が良いよ!と勧めて下さったので…」


バイク屋さん「今、VTRあるよ!お客さんの預かってるやつだけど、股がってみる?ほとんどノーマルだから」


私「いいんですか?」


師匠「倒したら、買い取りだからな!(笑)」


とVTR-Fに股がってみました。










結果…













見事に両足は、全く着きません…
バレリーナにもならない…(T0T)
靴がスニーカーだったにしても着かなすぎ…




正直教習車の方が、乗り易かった…
(ずっと乗っているからだと思いますが…)



VTR意外とシート幅がある様な気がしました。
バイク屋さんは、シートの角を落とせば乗りやすくなると言ってました。
後は、あんこ抜きしてローダウンとの事


なので…
やっぱりVTR-LDで探して頂く事にしました。
(オークションで良い物を探して頂きます。)


師匠も、全く足の着かない来夢を見て苦笑いしてましたf(^_^;)
125にすれば?と言われてしまいました。


バイク屋さんに、せっかく普通取るんだから125じゃねぇ…と(笑)


しょんぼりしていると…



バイク屋さんが、後ろにあるバイクなんだけど、大型だけど、153センチ位の女性が乗っていた
「ホンダHORNET600 逆輸入車(売り物)」があるけど、かなりローダウンして、シートもあんこ抜きしてあるから、股がってみる?と言って下さったので、股がってみました。


先ほど股がったVTRとほとんど変わらない足つきでした!


という事で、予算40万位
(お金が無いので…(笑))
VTRのLDで色は、赤か黒希望なかなか出なければ何色でも良いので…この条件で探して頂く事になりました。


さて、見つかるでしょうか?



20日は、教習です。
気温が高そう…(T0T)


新しいスノボのインナーを用意しました。
暑いけど、やっぱり来夢には欠かせないアイテムなので、今までのインナーのショートを購入しました。


また、少し胃が痛くなってきました…
怪我の無い様に頑張って来ます!

教習27日目その2(53、54時間目)2コース&1コース

前回の続きです。


2時間目
この時間は、人が多い…今度は、来夢以外は一段階の方々
教習生は男性3名+女性1名+来夢
指導員は4名


この時間の来夢の担当は…





前の時間と同じS指導員です!(良かった(^ー^))
このまま、卒検までS指導員ならいいのに…(≧▽≦)



S指導員「来夢さん、引き続き宜しくお願いします!」


私「宜しくお願いします。」


S指導員「じゃ、この時間は、2コース走って、その後1コース走りましょう!1コース大丈夫ですか?」


私「はい…(大丈夫じゃない…とは言えなかった。)前回少し1コース走って…結構コース忘れてました…(T0T)」


S指導員「そっか…検定では1コース、2コースの割合は、半々位かな?自分も検定員やるけど…う~ん、やっぱり確率半々だなぁ…1コース間違えたら、教えるからやってみよう!ウォーミングアップは…やる?」
(S指導員も検定員やるんだぁ…)


私「ええっ??ウォーミングアップ無しですか?」


S指導員「どっちでもいいけど、卒検の時は、ウォーミングアップなんて無いからね。」


私「ええっ、ないんですか?いきなり?」


S指導員「そう、いきなり(笑)」


私「今は、やらせて下さい(笑)」


S指導員「そうだね。じゃ、3周して1番に停車ね。」


という事でウォーミングアップ3周やらせて頂き、2コースへ
注意された事
信号の交差点で停止中やはり、やや真ん中寄りに停車しているとの事で、交差点に描いてある↑(進行方向を示す矢印)より内側に居れば、1メートル以内だから大丈夫と教えて頂く。
止まれで左右確認は、大げさに首を向けないと検定員に気付かれ無い可能性があるとの事。(検定員は、後ろにいるから)


課題コースへ
坂道発進◯
やはり、アクセル開け過ぎ、クラッチをもう少し半クラのタイミングを早くするとスムーズに行くとの事
踏切◯
急制動△
速度は、まあまあでブレーキのタイミングが少し早いと注意される。
停止は、大丈夫(^ー^)
スラローム△
やはりクラッチを触ってしまうが、最後から2つ目のパイロン位からクラッチ離して走れる様になる。が、まだ遅い…
平均台×
今日は、何故かよく落ちる…
半分で落下…(T0T)
S字、クランクは◯
クランクは、またもや、信号が赤(T0T)でも止まれました(^ー^)
最後の直線サードの後ポンピングブレーキに注意して
発着点


S指導員「じゃ、続けて1コース行きますよ!」


私「はい!」


1コース
時々コース取りを注意される…
S字◯
課題コースへ
坂道発進◯
踏切◯
急制動△
スラローム△
(だいぶクラッチ握らないで走れる様になりました。)
S指導員「クラッチに指掛けていない方がハンドル切りやすいでしょう?」


私「はい、楽に曲がる様な気がします!」


平均台×(本当に今日は、調子が悪い…)
クランク×
最後の出口で直進車有り
焦って、止まって転倒
(周囲を見て先を読まないと、今みたいに慌てるから…と注意される)
クランク直線へバイクを移動して頂き最後クランクのみ再チャレンジ…また、出口で転倒…
転び方が、上手いと誉められる(笑)
今回は、何も無いのに転倒…


S指導員「2コースのクランクより、こっちの出口の方が、楽なはずなんだけど…2コース出来ているから、こっちも出来るよ!」
と励まして頂く


発着点


時間がまだあるので、もう一度1コース
とりあえず、転倒無く課題もまあまあで、平均台も7.2秒で通過
クランクも大丈夫!


発着点へ


S指導員「時間なので、終わりにしましょう!ヘルメット外して、待ってて下さいね。」


私「はい、わかりました。」


S指導員「来夢さん!」
S指導員に呼ばれる。


S指導員「今日は、1コースと2コース走ったけど…急制動は、40キロ出せてるからブレーキのタイミングだけだね。40キロ出せない人が多いんだけど、来夢さんは大丈夫そうだね(笑)、ポンピングブレーキは、キレイに出来ていて凄く良いよ。スラロームも最後の方は、良くなっていたよ。始めは、パイロンギリギリで危なっかしかったけど、後半は、大丈夫だったね。来夢さん小さいから、クラッチ握らないで走れたら、アクセル開けなくても8秒で行けちゃうから(笑)それから、平均台…今日5回やって2回成功だったから、もう少し成功率上げないとね!いつもは、出来てるみたいだけど…(笑)後は、小回りね!」


私「はい…なんか今日は、平均台の調子が…f(^_^;)」


S指導員「どうしょうかな…う~ん…もう少し乗って平均台とか安定してできるようにしようか…」


私「はい!何故か今日は…」


S指導員「正直迷うんだけど、まだ少し不安定なところもあるし…来夢さんの事だから、これで卒検受けてダメだったら落ち込むでしょ?」


私「はい…絶対落ち込みます(笑)もう少し、練習します。」
(完全に、私の心理読まれてます…)


S指導員「じゃ、もうちょっと乗ろうか、本当、後ちょっとだから、頑張ってね!」


私「ありがとうございました。」


S指導員「そうだ!自分一方的に話ししちゃたけど、質問何かある?」


私「低速小回りのコツは…」
(急に振られたので…f(^_^;))


S指導員「無理してセカンドにしなくていいから、ローのまま後は、リアブレーキと半クラを上手く使って速度を落とす事かな。」


私「ありがとうございました。」



という事で、みきわめ迄行きませんでしたが、S指導員の仰るとおり、ここでOKにしてもらって卒検なんて、全く自信が無いし、卒検落ちたら多分(いや、絶対に)凹むだろうし、自分自身まだまだと思う所も沢山あるので、次回は、本番のつもりで頑張ります!
コースもしっかり覚えないと!


次回は、20日になります。
19日いよいよ、師匠にバイク屋さんに連れて行ってもらいます。


教習中の来夢です(笑)
撮影ありがとうございます(笑)



足つき…こんな感じですが、頑張ってます(笑)



教習27日目その1(53、54時間目)2コース

前回の大暴走を気持ち的に、かなり引きずって教習が怖くなっている来夢です。



正直、身体が痛かったら今日の教習は、キャンセルしようと思っていました。



が…



太もものアザは、前回のブログの写真より広がっていて物が当たったり、車のシートに座ると痛かったり…ですが、お尻ではないのでバイクは、大丈夫そう!
肘のコブもまだ、触ると痛いけど、アザになってきたので大丈夫そう!
結論!
たぶん、今回キャンセルしてしまったら、本当にバイクが怖くなってしまいそうだったので、行く事にしました。
ただ、バイクに乗った時に痛みが出るのでは…という不安はありましたが…



という事で、教習所へ
プロテクターの装備をしていると…
やはり、肘のプロテクターが例の場所(コブ&アザ)に当たって少し痛い(T0T)
(始めだけなんですけどね(笑)痛いのは…教習中は、夢中なので…)



この時間は、男性教習生3名+来夢全て二段階の人
指導員2名
男性教習生の方々は、回避のようです。



来夢の担当は、初日、シミュレータでお世話になったS指導員です。
(内心、S指導員というだけで凄く気持ちが楽になりました。)


S指導員「来夢さん、今日は仕事お休みなんですね。何か不安な事とかありますか?」


私「はい、仕事はお休みです。不安な事は…前回暴走してしまって、またバイクが怖くなってしまいました…」


S指導員「ええっ…どこで?」


私「2コースのS字の入り口で…進入速度が速くてフロントブレーキ掛けようとしてアクセル開けてしまって、そのまま縁石乗り上げて土の上で転倒してしまって…」


S指導員「そうだったんだ…だから、土のついたバイクがあったんだ(笑)」


私「それ、私かも…(笑)」


S指導員「スノボのインナー履いていたの?」


私「もちろん、履いていました。なので、パッドの無い部分は凄いアザになりましたが、後は大丈夫でした。」


S指導員「そんなに、暴走したんだ…」


私「はい、ロデオに乗ってるみたいになってしまいました(T0T)」


S指導員「じゃ、怖かったね。でも、自分もこの間やったから…(笑)不安があるみたいだから、ウォーミングアップ5周して、発着点に停止して2コース走ってみましょう!宜しくお願いします!」


私「わかりました。宜しくお願いします!」


と指定されたバイクに股がり…
(身体の痛みは、大丈夫そう…良かった(^ー^))
ウォーミングアップをして一番ピットに停止


S指導員「じゃ、2コース走りますよ!自分後ろから行くので、発進して下さい。」


私「はい!」
2コースを走る…
途中注意を受けたのが、もう少し左側を走行する事(縁石から1メートル以上開けない)、信号で停止している時自分が先頭なら、青になって発進する時左右を確認する事、発進する時直線が長い場合は、少しアクセルを開く事(これは、CBならアクセル開けなくても発進できるが、VTRだとエンストするから、今のうち練習した方がよいと言われました。)


問題のS字は、S指導員にセカンドだと速いからローでやって大丈夫!と言われたのでローで挑戦する事に…無事に通過できました\(^o^)/
今日初めてS字をローで走りましたが、凄く走りやすい(^ー^)


その後課題コースへ
坂道発進エンストする事無く通過
但し、坂道を下る時セカンドにして半クラにしていたので、クラッチは離すと注意される。(卒検の減点対象になってしまうとの事)


踏切も少しアクセル開けて発進


急制動は、速度が足りてないのでもう少しアクセルを開ける様にと注意


スラロームは、できてはいるけど遅い…クラッチは握らないで走れる様に…


平均台とりあえず大丈夫


最後のクランク…発進前に信号を確認する事、クランク内の直線でも信号確認してクランク出口で止まれる準備もしておく事とアドバイスをして頂きクランクへ…パイロン倒す事無く通過、問題の出口…信号赤(T0T)停止の準備!停止危なっかしいけど、停止できました。


S指導員「いいよ!よく止まれたね。信号見て青になったら発進していいからね!」


私頷きながら信号青になったので、発進→Dの交差点左折長い直線は、ポンピングブレーキで!の指示(やってはみました。)発着点1番に停止(やはり少し後ろ)で止まっていると…


S指導員「バイク降りるところまでやってみてください!」


私「はい、わかりました。」


ニュートラルにしてエンジン切って後ろ確認してバイクを降りてスタンド掛けて、ハンドル左に切って終了!


(初めて最後までやりました。卒検ってこんな感じなんだ…f(^_^;))


S指導員「来夢さん、ポンピングブレーキなんだけど、せっかくキレイに出来ているんだけど、その後リアブレーキ引きずっているから、勿体ないよ!ずっとブレーキ踏みっぱなしと思われちゃうからね。もう一度2コース走ってみましょう!今度は、スラロームのタイムとかも測るからね!」


私「はい、ただやっぱりリアブレーキの踏んでる感覚が、イマイチ解らなくて…」


S指導員、私の履いているブーツを見て
「このブーツ履いてCOLT乗って来てるの?」


私「はい、そうですけど…」


S指導員「なら、解ってるんじゃない(;¬_¬)ブレーキ踏めてるんだから…」


私「ですね(笑)」
(内心、車のブレーキとは感覚違うと思う…と思いましたが、慣れなのかな?)



発進して交差点コースを回る信号待ちで一回転倒…
S字は今回も大丈夫!
課題コースへ
坂道発進◯(但し、クラッチ離すの遅いと注意されてアクセルそこまで開けなくても大丈夫と言われた。)
踏切◯
急制動△(速度が40キロには、なっているがローで走る時間が短いから最後が忙しくなってしまっているのと、後輪ブレーキが少しだけ強いからロックしそうになっていると注意)
スラローム△(通れてはいるが、クラッチは触らない様にと注意)
平均台×
乗って直ぐに落ちる(T0T)
(遠くを見て!と注意)(いつもは、出来るんだけど…)
クランク◯
パイロン当てないで通れました。信号を見て停止も出来ました\(^o^)/
発着点に戻り停止して最後までやります。
バイクから降りて終了!


S指導員「お疲れ様でした。やっぱり、小回りの時に膨らんでしまっているから、ローのままで急いでセカンドにする事ないからね。急制動は、もう少しだね。スラロームは…タイム測ったら9秒ちょっとだから、もう少し早く走れる様に、平均台は、落ちたら一発で検定中止だからね。スラロームは、もう少しやれば8秒行けるから、減点項目を1つでも少なくしときたいからね!また、次の時間も頑張りましょう。」


私「はい、ありがとうございました。」


間違えて、公開にしてしまったので、2時間目は、
その2へ続くm(__)m