おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

補習(その4)

今日の補習は、何故か久しぶりに緊張しました。



本日の教習生は、男性1名(一段階)、女性3名(一段階1名、二段階2名)
指導員さん2名
T指導員(前回の卒検の検定員)と免許必要ですか?のS指導員


女性1名がスクーターの教習


残り3人が、S指導員担当…


挨拶の後…
私と二段階の女性は、ウォーミングアップ3周の後1コース&2コースを1回走ったら、後は、お任せで走って良いとの指示
本日来夢のバイクは、B号車です。(やっぱり乗りやすい)


とりあえず、ウォーミングアップして1コースから
無難?に終了して発着点へ


S指導員「乗れてるすっよ!」


私「はい…大丈夫ですかね?」


S指導員「問題無いすっけど…何がダメで検定落ちてるすっか?」


私「1回目は、転倒は無くて平均台で落下、その後は、全て転倒で…」


S指導員「あっ、そうそう平均台の時は、落下が無かったら合格してたって聞いていたっす!じゃ、続けて2コースやって下さい!」
(検定落ちた理由知ってるじゃん…(#`皿´))


と言うか、1回目の卒検…平均台の落下が無かったら合格してたんだぁ…勿体なった…(T0T)


で2コースやはり無難に終了



この後、課題コースをやるが…











ほとんど放置され…
(今までを考えると、嬉しい様な…寂しい様な…複雑な心境です(笑))


たまに、S指導員が来たと思ったら…
「乗れてるすっよ!」


で、平均台の後でも…
S指導員「普通に乗れてるすっけど…検定になると何かあるっすか?」


私「バイクの違いかな?…検定車乗り難くて…(苦笑)」


S指導員「乗り難いっすか?」と首を傾げる。


私「はい…」


S指導員「検定のバイク、皆「乗り易かった」って言うすっけど…」


私「他の指導員さんにも同じ事言われましたが、シートが少し高く感じるのと、ブレーキの効きがいいので、その衝撃も普段のバイクと違って…普通の方なら、支えられる範囲なんでしょうけど…」


S指導員「あぁ…確かにあるかも!卒検しか使ってないからシートはへたってないし、ブレーキも効きが良くなっているから…」
(妙に納得していた…)


私「このまま、課題またやって来ます!」


と言って発進(笑)
(時間が勿体無いので)


最後にクランクを…と思ったら、平均台終了後に集合が掛かってしました。


S指導員「来夢さん、そこからUターンして戻って来て下さい!」


私「はい…」
(Uターンも普通に、出来る様になりました。)


中央で停止


終了!


冷たいおしぼりが、教習生達に配られる…


冷たくて気持ちがいい…
顔も拭きたいが、メイクが落ちてしまうので、首筋にあててクールダウン(笑)




S指導員「お疲れ様でした。」


私「ありがとうございました。」


S指導員「乗れてるすっけどねぇ…卒検になると…今度こそ決めて下さいよ!」


私「補習では、乗れてるんですけどねぇ…私も決めたいですよ…」


S指導員「卒検予約して帰って下さいね。」


他のS指導員担当の教習生は、色々アドバイスしてもらってる…


来夢は、乗れてるんですけどねぇ…で終わり…
自分では、まだまだと思っているので


なんだか寂しい…(´・c_・`)






再び本館へ


卒検の申し込みをして、帰ろうとした時、ちょうど普通車の教習開始時間と重なり


見た目少し怖そうなA指導員に「補習受けたの?」


私「はい…」


A指導員「次こそは、頑張ってよ!」


私「はい、頑張ります!(苦笑)」


次に、苦手なH指導員「卒検申し込みしてきたんですか?」


私「はい…」


H指導員「頑張って下さいね(^ー^)」


私「はい、ありがとうございます(苦笑)」



と言う事で次回の卒検は…


29日です。


この後は、暫く仕事のお休みと検定日が合わないので…


合格できる様に、頑張ります!(愛機の為にも…)
飴玉作戦実行します(^ー^)


早くも、左ふくらはぎが、筋肉痛になって来ました(笑)













卒検(4回目)

何回やっても緊張します(T0T)



今回は、自分に凄く腹が立ちました…
(本当は、呆れてブログにも書きたくないのですが…)
いい加減にしろ‼
と自分自身に言いたい(言っている)




という事で4回目も不合格という…
非常に情けない結果になってしました。
(今回は、自分自身に凄く腹が立っているので、サックり書きます。)


本日の卒検は、6名
大型1人
中型5人(女性2人)


本日のコースは、2コース
来夢は、6番目
検定員は、T指導員


検定の説明を本館で受けた後、二輪事務所へ移動


この時、前回検定担当して下さったA指導員が、自習室にいらして、目があったので会釈をしたら部屋から出て来て下さって「頑張ってよ!前回転倒以外はちゃんと出来てだから!自信持って!」と仰って下さいました。


私「ありがとうございます。頑張ってきます!」


検定の順番を待つ…
そこへ、苦手なY指導員登場「今日で最後になる様に乗るんだからね!顔が強張ってるよ。お腹痛くなっちゃうよ(笑)」


私「はい…もう、なってます。」


いよいよ、来夢の順番
「準備できたらどうぞ!」


バイクに股がり、ミラー合わせエンジンスタート!ニュートラルからローへ…
右に、足をついたとたん転倒…
自分でも、えっ!ここで…って感じで、本当泣きたくなりました…
バイクを起こすと、T指導員が「ここでも転倒になってしまうので…でもコース走りましょう。」
と言って下さったのですが…
私的には、あまりにも情けなくて、ショックで、緊張の糸が切れてしまいました。
(走る気力が無くなってしまいました。)
とりあえず、コースを回るが…悔しくて走りに集中できなくなり、ウインカーも多分メチャクチャ、交差点の停止で再び転倒…
(ここで、やっと、どうせダメなんだから練習のつもりで乗ろう!と気持ちを切り替える事が出来ました。)
S字、課題、クランクは全てできました。


検定員のアドバイス


バイクのシートが高いからね…
ただ、転倒は公道だとケガするからね…
課題は、出来てるから…
指導員達も、卒業出来る様に頑張りますから…だったかな?
今日は、アドバイスも頭に入らない位ショックでした…


指導員さんも、毎回転倒なので、掛ける言葉が無いみたい…



本館へ戻り、またA指導員と会う…
A指導員「どうだった?掲示板見てるからね!」と言って下さったのですが…


私「スミマセン…またダメでした…」


A指導員「えっ!今日はどうしたの?」


私「発進で転倒…しました。」


A指導員「そっか…また次頑張れ!」


私「はい」



次回の補習は、土曜日にしました。


目の前に免許証が、ぶら下がっているのに届かない…


もう、低身長が原因では、無いような気がします。メンタル面も鍛えないと!


次回の卒検は、この悔しさをバネに頑張ります!
(自分に、いい加減にしろ‼、しっかりしろ‼と言いたいです。)




愛機とご対面!

卒検&補習の翌日バイク屋さんより、メールが来る。



「ジールが来ました。時間のある時に来て下さいね。」との事



もちろん、その日に仕事が終わってバイク屋さんへ



愛機となるジールとご対面!
初期型なので、1991年生まれだと思われます。
色は、「ダル グリーニッシュ ブルー メタリック」まさにイルカ色です(^ー^)
現状は、フルノーマルです。



バイク屋さんに股がってごらん!と言われたので、早速股がらせて頂く…


前回股がらせて頂いたバイクより小さく感じる…
(前日に、CBに乗ったからだと思われます。)


おおっ!でもいい感じ(^ー^)


シートを外し、毛布をシートの位置に置いて頂き、股がると両足ベッタリでは無いけど、スニーカーでも付きます(^ー^)


バイク屋さん「ここまでは、下がらないと思うけど、あんこ抜きすれば、いい感じになるね!」


走行距離は、もう少しで9,000キロになるところ、やはり、暫く乗っていなかったバイク(そんなに長期間では無い)みたいです。
(メーターも巻き戻しは、してないみたいと仰っていました。)


エンジンを掛けて頂くが、かからなかった(笑)
(バイク屋さんが、持って来た時は、かかったみたいです。)
とりあえずは、エンジン等はバラして清掃メンテナンスをして、シートは、2センチあんこ抜き&サイドをカット、ハンドルを少し出前にして、後ろにボックスをつけて(ジールは、専用のステーが必要らしい)、ETCつけて、ライトをLED交換にして貰う予定です。後エンジンガードも(笑)



シートが来たらまた股がって微調整する予定です。




整備があったり、シートを変えるので納車までは、少し時間が掛かるとの事なので、それまでに来夢も卒検合格しないと!