チビなアラフォー女子が普通二輪免許挑戦 (教習&練習日記)

アラフォー女子が148㎝(現在147㎝)のライダーになるまでの苦難の教習日記!

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習4日目(7、8時間目)

仕事が忙しく、また少々凹み気味の為更新が遅くなっておりますm(__)m



長文です。






転びに教習所へやって来ました…


本日1時間目


準備体操をし、本日の担当はS指導員
(初日の指導員とは別の方です。)


今日も、初めて見る指導員さん達です。(この教習所二輪の指導員何人居るのかしら?)


また、初めての指導員だった為これまでの来夢の教習の説明からです。


また、センタースタンド上でのバイクのクラッチ操作の練習
他の教習生に指示を出した後、来夢の指導(ほぼマンツーマンです)


前回の指導員と違う教え方…ウ~ン?
流石に、どれが良いのか解らなくなって来ました…(T0T)


また、発進が不安定気味に…
S指導員「股がってブレーキ、クラッチ握って、はい、重心右足にして…」


私が、もたついていると…


S指導員「あれ?もしかして、足付かない?」と一言
私は、見れば解るだろう!と思いながら、
「スミマセン…重心片足ずつ移動しながらじゃないと…」
S指導員「失礼ですが、身長は…」


また、この質問…
指導員の申し送りとか無いのかな?
と思いながらも
私「148センチです…」


S指導員「あっ、そうなんですね…じゃキツイですよね。では、そのやり方で良いので発進の練習をしましょう。」


1回目→半クラ出来ず、エンスト
2回目→半クラ出来ず、エンスト→転ぶ
3回目→ふらつきながらも発進成功→ギアをセカンドへ(暫くS指導員マラソンしながら私の後を追いかけ、遠く見て等の指示)
その後、3周位一人で外周ノロノロ走った所で、恐怖の停止命令→やはり、転倒(どうやら、クラッチの握り方が弱いらしい…)


ここで、教習終了!


S指導員「次の時間も、発進停止をやってもらいます。」


私「はい、宜しくお願いします。」
(心の中で勿論です。と呟き)


で最後にS指導員が私に、一言「二輪免必要なんですか?」(ショックで正確には、この言葉覚えてませんが、そんな感じの事言われました(T0T))


それって、ここまでして何で二輪なの?自動車でいいじゃん!と言われている様で悔しかった…(#`皿´)
悔しかったので、その嫌み?に対し、「身長が低いので、諦めていたのですが、ブログとかで低身長の方が免許を取ってらっしゃるので…」と答えてはみましたが…内心凄く悲しかったです。
私が、イラッとしたのが解ったのかは、わかりませんが
S指導員「最近女性で乗る方増えてますからね」と言っておりましたか…


正直凹みました(T0T)









そして、凹みながらの本日2時間目


担当は、ちょっと怖そうなA指導員
挨拶、免許確認の後
教習簿を見て、(全く進んでいないので)


A指導員「何か、教習やって分からないとありますか?」


私「発進、停止がまだ上手く出来ない事、少しバイクが怖くなっていまして…分からないと言うか、乗れてないんです」


この時点で、またもやマンツーマン指導
A指導員少し怖いのですが、指導内容は適格で、ビビりの私に、ビビっている暇を与えない感じの指導です。


先ずは、CB君を広い外周へ出し
A指導員「じゃ、発進してみて」


私、股がって→キーをオン→エンジンをオン→クラッチ、ブレーキ握り→右にヨッコラショ→クラッチをロー→左にヨッコラショ
発進準備OK!(ミラー合わせとかはまだやってません、まずは、発進、停止の練習なので)
半クラにして…


そこでA指導員「ブレーキいらないよ!」


フロントブレーキから手を放すが、ビビりなので指はブレーキレバーに
A指導員「発進の時は、指を掛けない!、リアブレーキも放す!じゃないと進まないよ!」
ごもっともです…f(^_^;


恐る恐るもブレーキ全て解除、続いて恐怖の半クラ少しずつ動くCB
A指導員「半クラでガマン、ガマン…はい、クラッチ放して…」


ほとんど、難なく発進≡3≡3≡3
程無く次の指令!
A指導員「クラッチ握ってセカンドにして!」
ぎこちないけど無事セカンドへ


A指導員バイクで私を追走
「近く見ないよ!遠く見て!」


外周3周した後
A指導員「次の直線でアクセル開けるよ!」


私、AT意外で初めてだったので、恐る恐るアクセルを開ける


A指導員「もっともっと!」と並走しながら指示
カーブ手前で「アクセル戻して…リアブレーキ掛けてみようか!」


おぉ、いきなりスパルタ!と思いながらもA指導員が、良いタイミングで指示(指令)を出して下さるので3周位でコツが分かり(スピードが遅い方がフラフラして怖い事を学ぶ)


「少し走ってて!」と初めて放置されました(笑)
更に3周位すると、「後1周で停まるよ!」とスパルタ指令


タイミング合わず、コケる→また、発進→外周回る3周→停止→コケるを繰り返し、結局1回も停止を成功する事無く時間になりました。
おまけに最後は、ブレーキレバー曲げました(T0T)


私「スミマセン…(T0T)」


A指導員「いや、大丈夫ですよ(^ー^)でも、来夢さん転び方上手いね(笑)」


私「スミマセン…いつも転んでいるので…」(痛いから逃げてるだけ(笑))


A指導員「良いんだよ!バイク放さない人もいるから…」
と言われてしまいましたが…f(^_^;
(前の時間のS指導員にも誉められた)


A指導員「車止まる時ブレーキどうやって操作して止めるの?」


私「ギュッと践みます!」\(^o^)/


…………(; ̄Д ̄)?






暫くの沈黙


A指導員「ホントに?」( ̄▽ ̄)=3


あっ!(; ̄Д ̄)?


私「ゆっくり、踏んで速度落として止まります」


A指導員「だよね。バイクも同じ、後はクラッチを握っているけど半クラになっているので止まる時は、しっかり握る事!」
イメージトレーニングしてね。と言われました。(良く考えたら前の時間もクラッチ注意されたんだった)


帰りに次回の予約
いつもの様に2時間連続で予約
受付のお姉さん「次回後、1時間で9時間目なので、2時時間目は、仮予約にしますね(^ー^)」



って、終わる訳無いじゃん…と心で呟き「お願いします」と予約を取って来ました(笑)

↑今の来夢の教習簿




ただ、今回初めてまともに走った気がします。
本当は、日にちを開けない方が良いのかも知れませんが、ふくらはぎのアザが酷いので、予約は1週間後にしました(T0T)


↑右足にもアザあります(T0T)



これから、どうなる事やら…

教習3日目その2(6時間目)

こんばんは。


またまた、筋肉痛&大アザで苦しんでおります。今回は、何故か首筋が凄い筋肉痛です(T0T)


さてさて、何とかATスクーターを倒す事無く前の時間を終えて10分間の休憩を挟んで、6時間目の教習の始まり始まり!


準備体操を終えて、私意外の教習生の方々ウォーミングアップ走行に出発、来夢は相変わらずでして乗れてません…


今日の担当はO指導員(実は、この方私が入所前にバイクを跨がせて頂いた時の指導員さんでした)
私の他に1段階2人も担当、前の時間担当だったF指導員が大型の2人の担当でした。


皆様がウォーミングアップ走行をしている間にO指導員に出発すら出来ない事を説明


O指導員「コースは、回ったんですよね?」


私「前の時間で初めて1周しました…CBでは、半周回った所で転んでから、怖くなってしまって…発進出来なくなってしまいました。」
と説明O指導員少しビックリした表情…


ガーン(T0T)呆れられてる~


そのやり取りを聞いていた前の時間担当だった
F指導員「他の教習生自分が見るから、来夢さん教えてあげて」と仰って下さり、またしても、マンツーマン指導


センタースタンドを掛けたバイクに股がり、発進のイメージトレーニングをし、スタンド外していざ股がり、
O指導員「左足を付いて、右足をステップに乗せて、重心を左足から右足へ…」


の指示に、私はヨッコラショとお尻をスライドさせ右足を付く、余りにも動作がスローだったのか、


O指導員「真ん中座って両足着けて見て下さい。」と…私は、内心「だから両足は、着かないんだって!」と思いながら、頑張って実演を…だがやはり完全バレリーナ状態、これを見たO指導員慌てて「あっ、無理しないでもう良いですから」だってf(^_^;


ここから、怖いと言わせないスパルタ教習
右足付いてクラッチをローへ足を入れ替えブレーキを掛けクラッチをゆっくり放し半クラへ…


しかし、いつまでもブレーキから足と手を放さない来夢…ブレーキ放しての声にゆっくりブレーキ放すで思わず、クラッチも放してエンストしてコケる…自分でバイクを引き起こす。
O指導員「ええっ、引き起こしできるんだ。」と一言
私「はい、毎時間やってるので…」
さっさと、引き起こしをしている来夢を見てビックリした様子
この発進をやるのに、3回位コケO指導員に、「少し休みますか?」と言われましたが、まだまだと「大丈夫です!」と答え教習を続けました。
どうも、下を向いてしまうので発進時にふらつき足が中々離せないのを見抜かれた様で、O指導員私の数メートル先に立ち自分を見る様に指示(捨て身の指導です)で、見ながらブレーキ放し半クラ…


あっ…発進出来た‼
そこで、つかさずO指導員「クラッチ握ってセカンドに」
ええっ、セカンド!焦りながらもO指導員の言われた様にセカンドへシフトアップ!(初めてセカンドに走りながら、シフトチェンジしました。)


そして、「行きたい方向いて、近くじゃなく遠く見て!」と指導員の声、そのまま外周回る
初めて、指導員さんバイクに乗って私の後ろついてきて指示出してる。


そう、初めて外周を2周する事が出来ました\(^o^)/
2周したところで、停止の指示「アクセル戻してブレーキ優しく止まりそうになったら、左足出して…」
言われた通りに出来た‼と思ったのですが、最後の最後でクラッチレバーも放しエンスト→コケるで終了!


時間も終了!


外周回れた事で少し自信がつきました。
最後に、O指導員「来夢さんより小さい方も、免許取れましたから、大丈夫ですよ。慣れです。」
と言われました。


これで、次回も発進出来たらかなり、自信がつきそうです。
どうなる事やら…普通の人なら後3時間で1段階終わりなのに…


で、今回の教習から取り入れたコケても痛くない秘密兵器を導入しました。
ふくらはぎのアザには効果は、無いのですがお尻から落ちる時の保険です(笑)




↑S指導員に教えて頂いた、スノボ用インナーでパッド付きのものです。


次回の教習は、21日です。
では、また…読んで下さりありがとうございましたm(__)m

教習3日目(5、6時間目)その1

本日教習3日目です。


また、転びに来ましたって感じですが、懲りずに教習所にやって来ました。


今日は皆様からの励ましと、先日タンデムのおかげと秘密兵器のおかげで以前よりもビビりは無いつもり…


本日始めは、ATバイクでの教習


て言うか、満足に二輪コース回った事無いのに、いきなり(でもないか?)ATコース回る?…



なんて、来夢も大きなスクーターなら何とかなるかな?…と思ってましたが、やはりデカイ(。´Д⊂)


この時間来夢の担当はF指導員50代位かな?
(今更ですが、この教習所では指導員と呼ぶらしいので(笑))


宜しくお願い致しますm(__)m
と挨拶をし、スクーターの説明…終了後


F指導員「来夢さん、失礼ですが身長は…」
ええっ、ここで身長の話しか(-_\)
もしや、進みが悪いからスクーター又は、小型ATにって話しかしら…
ドキドキしながらも、正直に
私「148センチです。」
(本当は、148.4と言いたかった(笑))


それを聞いて、困った顔をしている指導員殿
指導員殿「原付乗った事ある?」
私「自動車免許を取る時に一度だけ…」
指導員殿「そっか…来夢さんちょっと待っててくださいね。」
もう、教習で待たされるの慣れっこになりました。
指導員殿、電話で誰かと話をしている様子


やはり、来夢にはバイクは無理との協議をしているのか(;・∀・)





数分後、指導員殿が戻って来て
指導員殿「いやね、来夢さんの体格だとこのスクーターデカイし、大変だから小型のスクーターで教習しても良いか、聞いてみたんだけどやっぱり最大の排気量の400じゃないとダメだって言われてしまったよ。」
と言われました。
(; ̄Д ̄)?
それって、私に気を使って頂いたのか、怪我されたら困ると思ったのか…
私頼んでは無いけど…σ(^_^;)?
で、
指導員殿「先ずは、原付乗って慣れてみる?」
私「良いのですか?私も、その方が有難いです」


と言うことでコースを原付で3周(初めてコースちゃんと周りました(笑))


いよいよ、スクーターに乗車


ピンポーン!この教習は、体験なので補習とかは無いとの事


指導員殿後ろ支えてるから、アクセル回して発進してとの指示


何とか、外周だけどコケなくてすみましたf(^_^;


危なっかしかったけど、停止も出来ました
\(^o^)/


CBの方が良いのか、CBに乗れない私にとってはよく分からない教習でした。


指導員殿「スクーター勧めてる訳じゃないからね。絶対CBの方が乗りやすいから頑張ってね。ただ、身長が低いから250とかのバイクで教習させてあげたいんだけど、400って決まっちゃってるから…時間は掛かるかも知れないけど、頑張ってコツを掴めば乗れるから、免許さえ取れれば250とかアメリカンとかあるから、頑張ろうね。」


と言われました。


今日の一言:行きたい方を見て走ろう!


長くなってしまったので、続きはまた今度にします。


また、筋肉痛になりそうです。
アザも上塗りしました(T0T)