チビなアラフォー女子が普通二輪免許挑戦 (教習日記)

アラフォー女子が148センチのライダーになるまでの苦難の教習日記!

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

思わぬ再会(°Д°)そして、嬉しい話し(^ー^)

始めにお伝え致しますm(__)m


ジール納車の話しでは、ありません…(;゜∀゜)







あまりにも、思わぬ再会をしたので、ブログアップしました(笑)






昨日仕事の帰りに、あるお店で買い物をしていると……




「来夢さん!」
と声を掛けられました。


聞き覚えのある声に、私は、「はい?」と振り返る…




声の主は、小さい男の子を連れたパパさん…






………あっ!!!(゜ロ゜ノ)ノ













声の主は…












教習初日など、卒業迄いろいろお世話になった、S指導員でした。Σ( ̄ロ ̄lll)
卒検受かって、一番お礼を言いたかった指導員さんです。
偶然とは恐ろしい…






まさか、こんな所で再会するとは…f(^^;)
(バイク屋さんで再会なら、分かりますが…)


私は、全く気がついて無かったので、ビックリです(笑)



私「こんばんは。その節はお世話になりました。息子さん?」m(__)m


S指導員「そうです(笑)」


私「そっくり(S指導員に)(笑)」


S指導員「そっくりでしょ?よく言われます。」


私「卒検の日お礼も言えなくて…本当にありがとうございました。」m(__)m


S指導員「いえいえ、お礼だなんてそんな…で、来夢さん、もうジール乗ってるの?」


私「いえ…まだメンテナンス中なのと、実は、一昨日免許の交付に行ったので…」


S指導員「そうなの?仕事忙しいんだね。」
(仕事は、忙しくはないです…)


「でも、そろそろ乗らないと、忘れちゃうよ!ジールのシートまだ来てないの?」


私「ですよね…あっ、シートは出来上がって股がって来ました。」


S指導員「どうだった?両足つくでしょ?」


私「それが…今履いているスニーカーで、股がったんですが、両足つくと、CBに乗った時の片足ついた時位ですかね?もう少し、足つくと良いのですが…」


S指導員「でも、CBより軽いでしょ?」


私「それは、全然軽いです!」


S指導員「大丈夫だよ(笑)そうだ、来夢さん!女性対象でライディングスクールやろうかと思っているんだけど、正式に決まったら参加してみます?」


私「やるんですか?是非お願いします!」


S指導員「じゃあ、正式に決まったら声掛けるね!」


私「ありがとうございます!でも、教習所まで行けるかな…(笑)」


S指導員「大丈夫だよ!ただ、駐車場の坂がキツイから、そこで悪戦苦闘したりして…(笑)」


私「それまでに、行けるように練習しないと!」


S指導員「じゃあ、また、決まったら声掛けますね!では、失礼します(^ー^)」


私「はい!宜しくお願いします!失礼します!」


と、意外な事にライディングスクールのお誘い!
有り難いです(^ー^)









うーん( ・◇・)?



冷静に考えると…
私が、教習の時「卒業したら、ライディングスクールに行かないと!」って言った時、確かS指導員「そんなの行かなくて、いいから!」って言ったよね…
「車の時も、ドライビングスクールなんて行かなかったでしょ?」って言ったよね…


急に?女性対象のライディングスクールだなんて…
意外と要望多いのかな?



いずれにせよ、有り難いお誘いを受けました!
こんな、問題児にまで、声を掛けて頂いて…
(あっ、問題児だからか…(笑))


それまでに、ある程度は、ジール君手なずけないと!


卒検合格させなきゃ良かった!と言われない様に、頑張らないと!



また、教習所に行けるように練習します(^ー^)


次回こそは、ジール君の納車になるといいなぁ…
(^ー^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。