チビなアラフォー女子が普通二輪免許挑戦 (教習日記)

アラフォー女子が148センチのライダーになるまでの苦難の教習日記!

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

卒検(5回目)

はじめに、いいます…




今回も、不合格です。
飴玉作戦失敗しました…
(応援して下さった皆様…毎度ですが、スミマセン)


正直今日は、行ける!と思ったのですが…
自分には、まだまだ公道を走る資格が無いみたいです…


少し時間を開けてみる事にします…
(実際は、仕事の休みと検定が合わないので)


期日があるから、ゆっくりはできませんが…



不合格理由は…



またしても、転倒…



今回は、平均台の手前の停止で…
検定員の方も、ボソッと「なんで、ここで転倒しちゃうの…」


それ以外は、発進でエンスト…
今回は、1コースだったのですがコースを間違いかける…


検定員のアドバイス


発進は、少しアクセルを開ける様に!
もっと元気に走りましょう!
スラローム時間オーバー(10秒)
転倒はねぇ…バイク大きいからね…
前ブレーキが少しでも強くなるとバランス崩すから…
ちなみに、転倒無かったら合格してたから…


本館へ戻り、また見た目少し怖そうなA指導員が自習室にいらっしゃって、私を発見し出て来て下さいました。


私「スミマセン…また、転倒してしまいました。」


A指導員「今日は、どこで?」


私「平均台の所で…」


A指導員「平均台失敗したの?」


私「いえ…平均台やる前の停止です。」


A指導員「平均台でじゃ無いんだ…補習だと転倒してないのにね…」


私「はい、転倒無ければ合格していたと言われました。」


A指導員「だよね。自分が検定員した時も転倒が無かったら合格していたから…」


私「補習で停止の練習した方が、いいですよね…」


A指導員「だったら、前ブレーキをここまで掛けた時は、バランス崩れないから大丈夫とか、これだと自分は支えられない、とかを補習担当の指導員に話して、やらせてもらうといいよ!」


私「そうします。ありがとうございました。」


A指導員「頑張って!」


とアドバイスを頂きました。


朝、S指導員に「バイク屋さんで、ジール見たよ!」と声を掛けられて…


私「バイクが先に来てしまって…」


S指導員「まだ、シートも来ていないって言っていたから、大丈夫だよ!頑張って!」と言われましたが…


ジール君も待たせてごめんよ!


スミマセン…来夢にもう少しだけ時間を下さい!



また、補習頑張ります!







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。