おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習28日目(55、56時間目)1コース&2コース&課題

相変わらず、教習前日から胃が痛くなる来夢です…







二段階も相変わらずオーバーしてます(笑)






今日は、14時、15時の教習…
暑い…(T0T)



この日の為に?
用意したスノボインナーのショートと薄めのツルツルした素材のパンツで暑さ対策!


でも、暑い…(T0T)



配車15分位前に到着!


教習所は、昼休みなので多分S指導員?達がまた、バイクの練習をしてました。


今日は、来夢も実車なので余り観ていると自分の教習がヤバそうと思ったので、ほどほどに見学(笑)


今日の担当もS指導員だと、嬉しいんだけど…
と思いながら、二輪事務所へ配車手続き


プロテクターを装着!(暑い…)
(;´д`)




指導員殿登場!
一段階のみきわめ合格にして下さったA指導員と…
私の苦手なY指導員…(T0T)
(ここで、Y指導員かぁ…)


できれば、A指導員がいいなぁ…
でも次の時間は、Y指導員かな…😱


早くも、嫌な予感…(Y指導員スミマセン…)


用意をして外のベンチで待機
チャイムが鳴り
二輪コースへ…


この時間の教習生は、男性1名+来夢
指導員殿2名




担当は…(ここ大事(笑))











指導員殿「来夢さん!」









私「はい!」
(Y指導員だぁ…😅)



Y指導員「前回、コースは走ったの?」


私「はい、1コース、2コース両方やりました。」


Y指導員「どうだった?」


私「平均台が、5回中2回しか出来なくて…」


Y指導員「そうなんだ、近く見てるから落ちるんだよ。フェンス辺りを見る様にすれば、できるから…後は?クランクとかは大丈夫?」


私「前回は、クランクは大丈夫でしたが、毎回、できない項目が違うので…安定していない感じです。」


Y指導員「できないと思うと、苦手意識が強くなってしまうから、気持ちを切り替える様にした方がいいよ。来夢さん、理由は解っているんだろうから(笑)今日は、1コース、2コース各1回走って残りの時間は、出来ていない課題をやりましょう。1コース、2コースは、下車するところ迄やって下さいね。」


私「はい、わかりました。」


Y指導員「じゃ、ウォーミングアップ3周して、1コース、2コース好きな方からやって下さい。」


私「はい」


ウォーミングアップを終えて、まずは…「2コースからやります!」とY指導員に伝え2コースを回る。
道中特に指摘も無くS字も無事通過で、課題コースへ
坂道発進◯
踏切◯
急制動△
(ブレーキが早いと注意される。パイロンに来たらブレーキ!手前で止まるなら、まだ行き過ぎた方が練習になると言われる。)
スラローム◯
平均台◯
(遠く見ればできるでしょ!気持ちの問題だからと言われる。)
クランクも大丈夫!
発着点で、下車


Y指導員「はい、じゃ次1コースね!」


間を置かず直ぐに乗車
1コースを回る。
S字◯
コースも大丈夫そう(特に指摘無し)
課題コース
坂道発進◯
踏切×
(エンスト…慣れてくるとクラッチ離すのが早くなるから気を付ける様に注意される。)
急制動△
(ブレーキのタイミングは、良くなったが、アクセル戻して直ぐにブレーキになっていると注意される)
スラローム◯
平均台◯
クランク◯
発着点に停車
バイクを下車


Y指導員「コースは、大丈夫そうだね。残りの時間は、課題コースをやりましょう!急制動以外の課題は出来てるから、急制動はパイロン目安にしてアクセル戻す位置とか、覚えておくといいよ。」


という事で残りの時間ひたすら課題コースをぐるぐる回る…時間終わり頃になってようやく、良くなってきたと言われる。


Y指導員「来夢さん、終わりにするよ!戻って来て!」


私「はい」


バイクを停めて終了!


Y指導員「来夢さん、後急制動だけだね…頑張ってはいるんだけど、どうも癖でアクセル戻して直ぐブレーキになってしまっているんだよねぇ…それだと忙しいでしょ?急制動が出来れば卒検行けそうなんだけど…次の時間も急制動頑張って下さい。」


私「はい、ありがとうございました。」
(なんか、Y指導員に頑張ってるんだけど…と言われた時は、何故か嬉しかった‼と言うか、私自身指導員さんの言っている事がようやく、すぐに実践できる様になったなぁ…と感じました。)



1時間目終了!


とにかく、暑い…


メットの中が汗で大変な事になっている…
多分私の顔も…(笑)
ロッカーに戻って、持参したお茶をがぶ飲み!
少しクールダウン(^ー^)


ベンチで待機…
この時間、誰も教習生来ない…


チャイムが鳴る


A指導員「来夢さん、行きましょうか!この時間来夢さんだけなので、バイク小屋の中で体操しましょう!」


私「はい、わかりました!」


A指導員「飲み物持ってきました?」


私「お茶持ってきてます。ロッカーに入れてあります!」


A指導員「暑いから、持って来てもいいですよ!水なら、用意してあるけど…」


私「大丈夫です。ありがとうございます。」


準備体操をしてA指導員に呼ばれる。


A指導員「来夢さん、1コース、2コース共に大丈夫?覚えた?」


私「はい、コースは覚えました。」


A指導員「じゃ、この時間は、Y指導員が後は急制動だけだと言っていたので、今日限定の特別コースを回るから、とりあえずウォーミングアップ3周して来て下さい。」


私「はい、わかりました」


ウォーミングアップを終えて、一旦バイクを降りて、バイク小屋の中にあるコースが書かれているホワイトボードの前へ


A指導員「この時間は、課題中心のこのコースをやりましょう!」
ホワイトボードに示されたコースは…


発着点→Aの交差点左折→信号左折→課題コース→1コース又は2コースのクランク→発着点(水飲まないのであれば、停まらなくていいから回っててと言われる。)


と言うスペシャルコース(;゜∀゜)


とにかく、このコースを回る…
急制動の所だけ、A指導員のチェックが入る…
1回目から出来てるよ!と言って頂く
(前の時間のY指導員が教えて下さったパイロンを目安にやった結果だと思う)


5回位は、このスペシャルコースを回ったかな?
(途中雨の日の停止ラインの説明が入る)



今日は、転倒無しで順調!と思った、時間最後の1周
私の苦手な、1コースのクランクで転倒しましたf(^_^;)
以前によく転倒していた所です(T0T)


バイクを起こして…
根性の無い私は、ここからの発進は無理と考え、バイクを押してクランクの外へ…
しかし、普段バイクなんて自分で押した事が無かったので…なかなか進まず…そこへ指導員殿登場!


A指導員「ここから発進すればいいのに…」


私「多分無理なので、出ます。」


と、指導員殿に手伝って頂き、クランクの外へ
起こすのは、出来るが、バイクの取り回しができない…(T0T)


A指導員「時間だから、そこから発着点に戻って来て下さいね。」


私「はい、わかりました!」


発着点に停車!
終了!


バイクの取り回しが最後にあったおかげで、暑い…
(;´д`)



お尻も、汗かいてる…
お漏らしした人みたいで恥ずかしい…(T0T)
なんて、気にしていると…



A指導員「来夢さん、お疲れ様でした。最後クランクで転倒していたけど…丁度ハンコ押した時に、バイク倒れた音がしたんだよね(笑)」


私「スミマセン…最後の最後で転倒してしまいました…」


A指導員「まっ、急制動も出来てるし、卒検頑張ってね!」


私「えぇっっ?大丈夫なんですか?」


A指導員「大丈夫だと思うよ(笑)卒検は、本館で予約してね。それから、今日から3ヵ月以内が期限だから、卒検の曜日が決まっているけど…なるべく日にち開けないで受けた方がいいよ。ちなみに、明日もあるよ(笑)」


私「明日はちょっと…f(^_^;)」


A指導員「検定の日は、普通の教習もやっているけど、運が良ければ休み時間に当たって今日みたいにできるかも…それから、平日の方が空いてるよ。」


私「では、平日にします。(笑)」


と、お尻を気にしながら本館へ
卒検の予約を取りに行きました。
受付で、「卒検に合格した場合は、後日ですが大型の体験教習が受けられますが…どうされますか?」


私「辞めときます…」と即答(笑)
(って、今の私には無理でしょ…VTRだって怪しいのに…)



と言う事でまだまだ、未熟ですが…




遂に卒検まで来ました!








で…




運命の日は…







4月24日火曜日です。
応援してやって下さいm(__)m








翌日、発進、停止、課題ばかりやっていたので左ふくらはぎが、今までに無い位の筋肉痛です(T0T)






とりあえず、24日頑張って来ます!






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。