チビなアラフォー女子が普通二輪免許挑戦 (教習日記)

アラフォー女子が148センチのライダーになるまでの苦難の教習日記!

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習24日目(46、47時間目)四輪体験&回避&2コース

今日は、暑くてバテバテでした…
気温が高いとの事で、服装をどうするか?悩んだのですが、回避をやるのでスノボのインナーは、いつもの様に着用、すねプロテクターも着用、冬用スポーツウェアを普通の物に変更(この時点で、お尻の滑りが悪そう…慣れたからどうにかなるかな?)


と言う事で教習所へ


1時間目
教習生男性4名+来夢
指導員3人


担当は、みきわめ合格させて下さった。A指導員です。
(みきわめ合格させて後悔されないように頑張らないと!)
準備体操、挨拶の後ウォーミングアップ3周で中央に停止の指示を受けて、バイクに乗車…
乗った瞬間…
ヤバい…お尻が滑らない…凄く乗りにくい…😱💦
いつも乗っているB号車なのに…
やはり、嫌な予感的中…


ウォーミングアップ後バイクから一旦降りて、バイク小屋の中の教習所内地図を見て、教習内容の説明を受ける。


この時間は、軽く急制動のまねごと&前の車両が急に停止した場合どの様な感じになるかを体験残りの時間は、2コース自由走行だそうです。


先ずは、急制動30キロ位の速度でパイロン過ぎたらブレーキ→2つ目の線で止まるをやり、オーバーしてもいいから、安全に停止出来ればそれでこの時間はよいとの事


A指導員「前輪だけ、後輪だけのブレーキはダメですからね。ランプでバレますから(笑)」
因みに、次回の時間からは40キロでとの事
(40キロ以上出ると右の上から2番目のランプが点滅するとの事)


A指導員に見本を見せて頂き、その後来夢が、やってみる事に…


早速急制動前の停止線へ…
(小回りで進入しなくてはいけない為、バイクを真っ直ぐに停止させられなかた為早速転倒…)


私「スミマセン…斜めで停止したから倒してしまいました…」
(ヤバい…緑のゼッケン着けてるのに…😥)


A指導員「曲がっていても、ハンドル切らなければ転倒はしませんからね。」


私「なるほど!わかりました。」


バイクを起こして発進(スピードメーター見てる余裕無し)停止と同時にエンスト…転倒はしませんでした。


大外を約1周して再び、急制動の停止線へ
A指導員「今度は、自分並走しますので、やってみて下さい。」


私「はい」


発進→速度不明→ブレーキ停止→停止線少し越える


A指導員「ブレーキが少し遅いですね。まぁ、今回はこんな感じだけ覚えて下さい。次の時間は、もう少しやりますから、では、またついて来て下さい。」


私「はい。」


また、バイクを停めて一旦降りて、バイク小屋で次の課題


A指導員「次は、模擬追突やります。自分が5メートル前を走ります。だいたい中央線の長さが5メートルです。その車間距離で走って下さい。直線で自分がブレーキかけるので、そしたら来夢さんも停止して下さい。どこでブレーキかけるか判らないので、自分のブレーキランプ見て下さいね。模擬追突の時はライトをオンにします。無理しなくて大丈夫ですからね。」


私「はい…」
(ヤバい、止まれるかしら…かなり不安😖💧)


A指導員の後について、外周を走ります…
半周位した時に、指導員殿のバイクのブレーキランプが点灯…


私も慌てて停止…
止まれたけど少し体が、前に飛んだ…
転倒しませんでした。
クランクの時に飛んだ時よりか全然怖くなかった😅


A指導員「急停車すると、こんな感じになるという体験でした。残りの時間は、自由走行で2コース走ってて下さい。急制動はなんとなくで大丈夫ですからね。」


私「はい、わかりました。」
(とは、言ったもののいきなり、一人で新しいコースを走るとは…覚えてきたつもりだけど、合っているのかも判らないじゃん…😱)


と思いながら2コースへ(また、覚える為にだらだら書きますので、読み流して下さいm(__)m)
発着点→Dを左折→信号右→Eを左折→Aを左折→信号左折→Fを右折→外周一周→Eを右折→信号直進→Hを左折→1番のS字(1コースとカーブが違うので戸惑うがなんとか出来た)→S字を右折→Dを右折→坂道発進◯→踏切での停止◯→急制動前の停止◯→急制動△→スラローム×→平均台△(6.8秒)→4のクランク×→Dを左折→発着点◯(今回は、中央線)



×のところの振り返り
スラローム…最後のパイロンで突っ込みそうになり停止で転倒バイクを起こしていると…


免許必要ですか?のS指導員登場「大丈夫ですか?」
私「スミマセン…大丈夫です。私、邪魔ですよね…バイク動かします…(T0T)」


S指導員「大丈夫っすよ。パイロンどかすという手がありますから(笑)」


と言ってパイロンをどかして下さいました。


S指導員「これなら、大丈夫でしょ?」
(平均台の停止線まで、直進で行ける様になりました。)


私「スミマセン、ありがとうございます。」
正直、一段階も含め一度も失敗しなかったところだったので、ショックでした。


クランク…これも、悔しい!クランクの向きが2のクランクと逆、思ったより通りやすかったのですが…セカンドでやってしまったのと、出口に交差点があるので、頭が混乱して出口で派手に転倒…
A指導員慌ててやって来る!
「大丈夫ですか?怪我しませんでしたか?」


私「ぜんぜん、大丈夫です。」
(久しぶりに、お尻から転倒…やっぱり、スノボインナー脱げないなぁ…と思いました。)
今思えば、出てすぐの交差点の信号って左に曲がったところの信号見るんだった…クランクから斜め前の信号見て赤だから停止しようとした…次回は出来そう😅)


中央線に、停止したところで教習終了!
(2コース合っていたみたいです。)


A指導員「来夢さん、お疲れ様でした。今回は、模擬追突と急制動の説明をしましたが、次の時間は、急制動と回避をやりますので、頑張って下さい。」


私「ありがとうございました。」



2時間目
教習生は男性3名+来夢
指導員3名


担当は、免許必要ですか?のS指導員です。
ウォーミングアップ3周の後、S指導員の後について急制動の場所に移動
先ずは、S指導員が見本を見せてくださる。
S指導員「40キロでパイロンまで行かないと、やり直しになりますから、後停止線越えた場合は、検定中止になるから、気を付けてくださいね。先ずは、40キロちょっとの速度が作れる様に練習してください。ブレーキ掛けてクラッチ切って下さいね。では、ついてきて下さい。」


急制動前へ移動…また転倒(T0T)
(小回りして、直後に停止が出来ない…)


S指導員「どうしたすっか?今日は、よく転びますね(笑)続けてだから、疲れますよね。」


私「スミマセン…真っ直ぐ止まれなくて…」
(本当に今日は、よく転びます…)


S指導員「じゃ、やってみましょう!ギアは、指定無いのでセカンドでも、ローでも大丈夫ですが、ローだと速度出にくいので、セカンドでいいっすよ!」


私「はい、ではセカンドで…」


40キロ位出ていましたが、ブレーキが早いと言われました。停止位置はほぼ◯


S指導員「今日は、体験なんで次回の実車からは、本格的にやりますよ!では、次は、回避です。これは30キロ位でいいです。一度やって見ますから、見てて下さいね。」
と回避の見本を見せてくださる。


S指導員「こんな感じで、自分が旗を挙げるので、挙げた方に回避してくださいね。」


私「はい」
まぁまぁ、出来ました。(笑)


S指導員「では、もう少し難易度が上がって旗と逆へ回避か両方挙げたら真っ直ぐで急制動の3パターンになりますからね。」


私「はい」
結果一瞬旗の方に行こうとしたけど大丈夫でした。
S指導員「ずいぶん、ゆっくりでしたね…まっ、いいか(笑)」
回避は、転倒しなくてすみました。(当たり前だけど)


S指導員「では、最後です。カーブの曲がり方3パターンで走行してみます。まず、いつもの様に曲がる、次に25キロで曲がる、最後は35キロで曲がるをやります。どの位カーブで膨らむのかの体験です。では、ついてきて下さい。」


35キロは、流石に怖かったです。


S指導員「では、以上になるので残り時間少ないですが、2コース自由走行してください。急制動まで行かないかもしれませんが、行けたとしたら40キロの速度が作れる様に乗ってみて下さい。」


私「わかりました。」


結局急制動まで行けたので、40キロ挑戦しましたが、35キロ位だったかな?で、スラローム◯平均台◯のところで時間になり、中央線で停止…


終了!
暑くて、バテバテです(T0T)


S指導員「お疲れ様でした。今日は、体験なんで補修とかは、無いので…次回から本格的にやりますからね」


私「ありがとうございました。」




明日は、シミュレータ&学科になります。
今日は、本当によく転びました…
教習終了直後は落ち込みましたが、ブログを書いているうちに、2コースの転倒は、停止では一度も無かったので、慣れれば大丈夫かな?と後は、急制動ですね。


では、明日も頑張ります。


追記
今回の教習で、低身長にはシートのお尻の滑らせ方もかなり重要なんだな!と感じました。
ツルツル素材のスポーツウェア探さないと…(笑)
実は、合羽が一番良かったりして(笑)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。