おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習20日目(39、40時間目)1コース&小回り練習

今日は、頑張ってクランクをクリアするぞ‼
という気持ちで教習に、望んだのですが…


1時間目
教習生は、男性3人+来夢
指導員殿2名


担当は、初めてお世話になるK指導員です。


挨拶の後
K指導員「前回は、どこまでやりましたか?」


私「前回は、1コースを指導員さんの後について回り、小さいコースを使って小回りの練習をした後クランクを2回やって、2回目は、すっ飛びましたf(^_^;)1コースは、停止に不安があるので、停止したりしたかったりでした。」


K指導員「すっ飛んだんですか?」(ビックリした顔されてました。)


私「すっ飛んだと言うか、前輪ブレーキを掛けてしまって、反動でタンク半分位の所に座ってました。」


K指導員「前輪ブレーキは、危ないですよ。では、ウォーミングアップ3周したら1コース先導しますので、練習しましょう。」


私「はい、宜しくお願い致します。」


K指導員「来夢さん、バイク一人で起こせますか?」


私「はい、場所が悪いと出来ない時がありますが、ほぼできます。」


K指導員「起こせるんですね。(ちょっとビックリされていた)では、ウォーミングアップして、中央線で停止して下さい。」


ウォーミングアップ3周の後指導員の後について1コースを回ります。今日は、きちんと停止場所で停止します。
交差点コースは、転倒無く回れました。


K指導員「ここから、外周1周回って課題コースなので、この後は、自分後ろから行きますね。」


私「はい」と頷き発進


外周→坂道◯→踏切×(停止で転倒)→急制動擬き◯→スラローム◯→平均台◯


2回目は、平均台で落ちましたが、停止で転倒はなかったです。


小さいコーナーで低速小回りの練習の後
K指導員「来夢さん、ローで良いのでクランクやってみましょう。クラッチは、切らないで後ろブレーキで調節して目線は、先々を見て下さいね。」


私「はい」
(ローで良いなら行けそう(^ー^))


いよいよ、クランクに挑戦!
進入し、最初の角曲がる(右)…そのまま次の角を見る…(実際は見れてない…)から右の縁石ぶつかる=転ぶ(今日は、ローでやったので、エンストはしませんでした。)


気を取り直してもう一度挑戦しましたが、やはり同じ所で失敗

↑×の地点でいつもの転びます。


そこから、バイクを起こして…


K指導員「来夢さん、バイク股がったまま足ついてクランク通過してみましょう!」


私「はい」
(やってみるが、片方しか足がつかないので凄く不安定)
やっとの事で、クランク出口へ
クランクを出て広いコースで


K指導員「来夢さん、両足同時につけますか?」


私やってはみますが、残念ながらバレリーナにしても、同時に足はつけません…(T0T)
(最初の頃なら、これだけで転んでましたf(^_^;))


一生懸命やって見せる私
私「やっぱり、ちょっと厳しいみたいです…」


K指導員「ちょっと、前から見ますね。」
と前方から確認


K指導員「ちょっと、キツイかな…」
(どうも、これでクランクコースを足をついた状態で、通ってみたかったみたいです。)


K指導員「来夢さん、バイク押せますか?」


私「初めにやったきりやってませんが、やってみます。」
バイクを押しながらクランクコースへ…


ライン取りを教えて頂きました。


そして、バイクに股がって再挑戦…やっぱりダメ


K指導員「この時間は、辞めておきますか?」


私「いえ、私は大丈夫なのでやらせて下さい。」
(不思議と失敗しても、怖い!とかなかったので、むしろ、何回か挑戦すれば、できる気がしたので(笑))


K指導員「じゃ、やってみますか。」
と言って下さいましたが、やはり同じ所で失敗
結局、1回も成功する事無く終わってしまいました。


K指導員「来夢さん、目線ですね!曲がった後の目線が下を見ているから、そっちにバイクが向いてしまっている。慣れれば大丈夫ですよ。」
と励まして頂きましたが…


私的には、悔しい!
次の時間こそは!成功するぞ‼


休憩時間に、教習生の方に「怪我しませんでしたか?大丈夫ですか?」
と声を掛けて頂きましたが、「全然大丈夫です(^ー^)」と答えたら、ビックリされてました。
(かなり派手に転んでましたからね。体が硬いクセに…アザもできてませんでした。)



2時間目
この時間は、教習4日目にお世話になったA指導員です。(やっぱり、見た目は怖い)実際は、とても良い方です。


挨拶の後
ウォーミングアップ3周して1番に停止の指示


A指導員「来夢さん、バイク変えるので一回降りてもらっていいですか?」


私「はい、わかりました。」
(何でだろう…?調子も悪くないみたいだけど?)


ピットからG号車を出して来て下さいました。
(それまでは、前の時間からF号車を使ってました。)


A指導員「来夢さん、このバイクでお願いします。」


私「ありがとうございます。」
(バイクに乗りクラッチ握る…レバーが硬い…)


A指導員「来夢さん、今から右左折コースで小回りで曲がる練習しましょう。」


と右左折コースで小回りする練習…
交差点等では、きちんと停止…


なんかこのバイク…停止が凄くしやすい(^ー^)
A指導員どうやら、後ろブレーキがよく効くバイクにして下さったみたいです。
凄く乗りやすい\(^o^)/クラッチレバーは、硬めだけど(笑)


もちろん、停止では1回も転倒無しです。
(バイクによってこんなに違うとは…)


でひたすら半クラ+後ろブレーキで小回り練習
よい感じになってきたところで時間になってしまいました(T0T)


このバイクで、クランクやりたかった…


A指導員「来夢さん、クランクやらないで時間になってしまいましたが、低速の直線(平均台)は、できているけど、低速での小回り(曲がる)が出来ていないのでその練習をしました。低速での小回りは、目線、半クラ操作が大事になりますから、低速は出来ているので、後は慣れですね。頑張って下さい。」


私「ありがとうございました。」


という事で、2時間目はクランクやりませんでした。


小回りは、だいぶ出来るようになった?かな?
停止については、かなり自信がつきました(笑)


次回まで、また1週間以上開いてしまいますが、次回は、クランク成功させられる様に頑張ります‼


クランクのアドバイスありましたら、小さな事でもよいので、お願い致しますm(__)m


次回の教習は、木曜日です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。