おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習16日目(31、32時間目)右左折コース&課題に挑戦!

こんにちは。


相変わらず、教習の日は気が重い…
胃がキリキリします…


仕事のお休みと教習所のお休みが同じになってしまって、11日ぶりに教習に行って来ました。
こんなに間が開くとのは初めてなので、かなり心配…
今日で、右左折卒業できるかな…



1時間目
前回の教習で一緒だった女性と来夢の二名
開始時間まで、ベンチで雑談
彼女は、あれから何時間か乗ってもう、1コースをやり始めたとの事…
もう、抜かされている…
(T0T)


私「凄い!私は、あれから教習来てなくて…また、右左折ですよ…」


女性「でも、ぜんぜんできなくて…」


なんて会話をしてると指導員殿登場!
「行きますよ!」


今回の担当は、前回のS指導員です。


コースに行くまでの間
S指導員「来夢さん、どのぐらい進んだのかと思ったら、あれから乗ってないんだ…」


私「すみません…仕事の休みと教習所のお休みが同じだったりして…初めて10日以上開けてしまいました。ちゃんと乗れるか心配です…」


S指導員「大丈夫ですよ。右左折やって大丈夫そうなら次の課題やりますからね。」


私「はい…宜しくお願い致します。」
準備体操をして
それぞれ、バイクに股がり発進…



のはずが…




乗る段階で転けました…
バイクのハンドルすごく重く感じた…
10日以上開くとこんなにも感覚が鈍るのか…
(;゜∀゜)
乗車するのに、ハンドル右に切ろうとした段階でバイクを倒す…



ヤバい…
乗れなくなっている…(T0T)



S指導員が直線の長い所までバイクを動かして下さり…
(最初に戻ってしまった…)





S指導員バイクの燃料タンクを開けて残量確認!


S指導員「あんまり、入っていないから軽いはずなんだけど…(笑)来夢さん、久しぶりだからここから発進で、ウォーミングアップ5周して中央線沿いで停止してください。」


私「はい…」
久しぶりとはいえ、情けない…
気が沈んだまま発進→5周→停止とりあえず、止まれました。


S指導員「では、来夢さん右左折コース回っててください。コース覚えているよね?」


私「はい。大丈夫です。」


で、発進して3回位右左折コースを回りましたが、停止…いつもながら危なっかしいけど、転ばないですみました。


1番に停止していると、S指導員が私の指導の為に戻ってこられました。


S指導員「来夢さん、右左折大丈夫そうだから課題の練習します。自分の後についてきて下さい!」


(いよいよ課題…最初の関門は何だろう…坂道か…?)


S指導員殿の後について出発…どうやって、課題コースに入ったか覚えてません…


とりあえず1回目は、坂道(ただ登って下っただけ)→踏切(とりあえず停止)→急制動(ただ通ってサードにして停止線で止まっただけ)→スラローム(2個だけやった)→平均台(乗って間もなく落ちる)


これで課題コース一周らしい…
て言うか…全ていっぺんにやるんだ…かなり、怖いし難しい…



S指導員「さっと走っただけだけど、こんな感じでコース回るから!今度は、少しやってみるよ!」


(ヒェー!全部ですか…って感じでかなりへっぴり腰の来夢…)


まず、坂道発進
S指導員「来夢さん、ローのまま登ってこの停止線で停止ね」


……早速停止線でコケる…(T0T)


S指導員「来夢さん、初めてだからしょうがないよ(笑)転ぶの上手いね(笑)」


私バイクを起こしながらお決まりのセリフ
「毎時間練習してますから…(笑)でも、左脛が痛いです(笑)」


気を取り直して…
坂道発進…
S指導員「前ブレーキ放して、後ろブレーキかけて、アクセル少し開けて、半クラにして後輪が動くのを感じたら足放して…最初は、足トントンになっても良いから!」


私「はい。」


発進までに、すごく時間は掛かりましたが、足トントンしなくても発進出来ました。


そのまま坂を下ってすぐ踏切で停止
急制動へ開始の停止ラインでコケる…
で急制動?
直線サードにしてブレーキを掛けるコーンの所を過ぎたらローまでギア落として停止ラインで停止
(たぶん、初めてなのでギア落としてやるみたいです。)


そこから、スラロームへ
発進してローからセカンドへ…凄く速く感じる…


S指導員「来夢さん、パイロン通過するときには、もう、次のパイロン見てね。通れたら3つ位やってみようか!」


結局、パイロン2箇所だけだけど何とか通過


平均台前の停止線で停止、とりあえずやってみる事に…


S指導員「平均台乗るときに衝撃があるけど、アクセル開けないでそのまま遠くを見て進んでください!ダメならダメでそのまま落ちていいからね。」


私、頷きながら
いざ、挑戦!
見事‼半分位で落ちました(笑)
S指導員「おおっ!半分走れましたね。初めてにしては、上出来ですよ!」


で停止でコケる…


S指導員「来夢さん、左脛が痛いの転ぶ時にステップにぶつかっているからだよ…しょうがないんだけどね(笑)この時間は、体験だけだから、残りの時間は、右左折の練習していてください。」


私「わかりました。」


と右左折の練習2回位で時間になりました。


S指導員「来夢さん、お疲れ様でした。次の時間はいよいよ課題やりますからね。頑張ってくださいね。」


私「はい、わかりました。」
(右左折コース済になりました。)



2時間目との間の休憩時間
先程一緒だった女性と雑談
彼女も、発進、停止で時間が掛かったらしい…
(来夢程では無いけど…)
こんなので、免許取れるのか心配してました。
私だけじゃないんだなぁ…と思いました(笑)



2時間目
私達+大型の男性の3名
指導員殿2名
今回の担当も前の時間と同じS指導員
準備体操をして


ウォーミングアップ走行の前に…


S指導員「来夢さん、ちょっと来て下さい。」


私「はい」


S指導員「バイク乗る前に、スラロームと平均台の説明します。」


とスラロームのコース前へ(徒歩で)
S指導員「意外と間隔開いてるでしょ?パイロンは、ゴムでできているから当たっても大丈夫だから、そのまま行ってしまって良いから、最初は、よいけど8秒以内で走るんだからね。」


そのあと、平均台前へ(徒歩で)
S指導員「ここは、さっきも言ったけど乗るときに衝撃があるけどそのまま遠く見て進んで行けば大丈夫だから、タイムは、7秒以上だからね。初めはタイムは考えなくてもよいから、通過する事を考えてね。慣れてきたらタイムも気にして下さいね。速すぎたらクラッチと後ろブレーキで調節して下さいね。普通は、惰性でも7秒以上でいけるんだけど、来夢さんの場合軽いからそれだと7秒無理だと思うから…半クラとブレーキ上手く使ってね。」


私「はい…わかりました。」


S指導員「じゃ、ウォーミングアップ3周→1番に停止でその後課題やります。」


私「わかりました。」


ウォーミングアップを無事に終えて、いよいよ課題コース時間までに、4回ほど回りました。


坂道発進…停止(一回転ぶ)発進(時間は、掛かるがエンストする事は、無かったです)
下り坂は、セカンドへ
坂を下ると踏切があるのでローギアに…(一回エンストして転ぶ)


急制動?…停止線で停止(何とか、転ばすに停止)
発進→ロー→セカンド→サード→目印のコーンでギアをローまで落として、停止(一回セカンドで停止してしまう)


スラローム…ロー→セカンドでスラローム…
半クラとブレーキで低速スラローム(笑)パイロンを倒したり、当てたりしませんでしたが、半クラ、後ろブレーキは、使わないよ!低速すぎて転ぶから…と注意される…


平均台…手前の停止(2回転ぶ)
一回目→半分ちょっとで落ちる
二回目→成功(秒数は、6秒だったらしい)
三回目→成功(クリアしたらしい)
四回目→はじめの停止線でコケる…時間がきたので終了…(平均台できませんでした(笑))
三回目の時は…
S指導員「来夢さん、指導員達に注目されてるよ!」
なんて言うから、絶対失敗すると思ったけど、上手くできたみたいです。


S指導員「来夢さん、お疲れ様でした。初めてにしては、できてますよ。この後、クランク、S字が入ってくるけど、停止が安定してないからもう少し課題やった方がいいかな。クランクとかは、縁石があるから、転ぶと危険だからね。今日のコース走っていれば、停止もあるから慣れてくるとは、思うけどね。」


私「ありがとうございました。」


S指導員「1コース覚えておいてね。いつやっても良いようにしといてね。」


私「わかりました。」


事務所へ戻る時に
S指導員「来夢さん、平均台凄いね。こんなにできるとは、思わなかった(笑)」


私「まだ、よくわかってないので、まぐれですよ(笑)」


S指導員「いや、来夢さんバランスが、いいんだと思いますよ。平均台だけで10時間補習する人もいますからね。」


私「そうなんですね。」
(誉められると、頑張る来夢です(笑))



私、個人的にはスラロームが楽しかったです
\(^o^)/



しかし…身体が筋肉痛&左脛が…
次回3日後までに治るかしら…(T0T)


次回も頑張ります。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。