おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習13日目(25、26時間目)停止&内周

少し風邪気味の来夢です。


今日は、雨の予報もあったので、カッパを持って教習所へ


教習時間は、25時間目に突入してしまいました。(T0T)


今日は、後ろブレーキを使って止まる事に気をつけて教習を受けよう!とイメージトレーニングをしたりして、この日を迎えました。


二輪の事務所に行き、教習簿を受付に提出受付担当のO指導員「来夢さん、次の予約はどうします?」


私「26日で…」


O指導員「その次はどうですか?まだ、時間掛かりそうだから…」


私「はい…」(ですよね…)
という事で2月9日迄シフトが決まっている分8時間分の予約を一気にして来ました(笑)




1時間目二段階の男性と来夢の二名
指導員殿一名、最近よく当たるS指導員


二段階の方は卒検が近いみたいで、コースを回る様です。
で…来夢は…


S指導員「来夢さん、どうですか?」


私「前回内周やったのでが、停止がやはり上手く出来なくて…」


S指導員「わかりました。来夢さんとりあえず、ウォーミングアップ2周して1番に停車しましょう」


私「わかりました。」
(今日のCBは、以前の教習でシートが新しいと言われてバイクを替えて頂いた事のあるB号車でしたが…今日は、問題無く乗車出来ました。)


S指導員「来夢さん、長い直線は、サードで走って下さいね」


私は、頷きながら発進して、直線サードにして走り1番に停車…
後ろブレーキを使っているつもりだが、まだまだダメ、前ブレーキが強い…
これを何回かやってるうちに「後ろブレーキを使う!」を心掛けていたせいか、安定して止まる様になってきたが…


S指導員「来夢さん、止まるのは良いんだけど、停止位置はもう少し前だからね!」


私頷きながら発進→1番停止まあまあ出来ました。
S指導員「来夢さん、直線でサードに入れるの遅いから、もっとスピード出して走って良いからね。ちょっと来夢さん、バイク降りてこっち来て」
と言われてS指導員の方へ
「二段階の人の走り見て、メリハリついてるでしょ?」


私「はい」


S指導員「来夢さんのは、ただギア変えてるだけだよ!じゃ、バイク乗って発進してね。」
発進して走るS指導員が後ろについてアドバイスをして下さり、メリハリがつくようになったかな?


S指導員「じゃ、サードの練習と2周して停車やっててください。」
と、男性の指導へ


私は、ひたすらサードの練習をしていましたが、何回かやっていると、一瞬訳が解らなくなってしまって、コーナーの入り口手前でサードのまま減速→エンスト→コケる…(はじめて停止以外で転けました。)
しかも、結構派手にコケる…
が転けた場所が、バイク小屋の陰なので、指導員殿から見えない…変な場所で転けたので、バイクが起こせず悪戦苦闘…
そこへ、私の転倒に気が付いた指導員殿がやって来て…


S指導員「こんな所で、転倒しちゃってどうしたんですか?」


私「スミマセン…シフトダウンに失敗して、サードでエンストして転けました。」


S指導員「ここからの発進は、難しいから直線へバイク出しますからね。今回のは、見なかった事にしとくから(笑)」
(内心、笑えない位私怖かったんですけど…)
そこから、1番へ停車
また発進→2周→1番で停止…安定して止まれずコケる…
S指導員「どうしちゃたんすか?来夢さん、今日は、調子悪いですね(笑)」


私「…」
その後も時間迄ひたすら1番から発進→直線は、サード2周して停車を時間迄繰り返しやりました。


S指導員「来夢さん、お疲れ様でした。止まれる様になったので、次の時間は右左折も入ると思うから、止まり方は同じだから、頑張ってください。」


私「ありがとうございました。」



2時間目
この時間は、来夢と同じ位の身長の女の子と来夢の二名
指導員殿も二名です。前の時間のS指導員と17時間目にお世話になったT指導員です。


今回来夢の担当は、T指導員です。
挨拶の後、
T指導員「来夢さん、ウォーミングアップで2周して1番に停車してくださいね。」
私「はい。」


2周して1番へ無事停止、もう一度2周して1番へ無事停止


T指導員「来夢さん、大丈夫そうですね。コース走ってみますか…前に、自分が担当した時コース走ったの覚えてますか?」


私「はい、覚えてます。」


T指導員「その後は、コース走ってないですよね?」


私「前回、指導員さんの後について2回回りました。道路標識にしたがって…」


T指導員「もう、そこまでやってたんですね。」


私「ただ、信号、止まれで転ぶ事が多かったです。」


T指導員「わかりました。では自分の後について来てください。止まるとかの指示は、自分が出しますから、基本止まり方は、発着点と同じですからね。では、出発しますよ!」


コースを曲がり、信号手前で停止の指示→危なっかしいが停止そこから、50メーター位先の止まれで停止不安定になり転ぶ…障害物をよけ右に曲がり、信号で停止(止まれました)その先の左折前の止まれは、今回は止まらなくて良いとの事で左折(少し膨らむ)直線走って1番で停止(止まれました)


T指導員「では、もう一度やりますから、準備できたら発進してください!」


頷きながら発進→少し動いてエンスト…
思わず、カーブの縁石(高さ5㎝位かな?)に足を着く(これだけ高さがあると足つき凄く良い!全く違うんだなぁ…と思いました。)
指導員殿には、特に何も言われず、そこからスタート(左折みたいな感じになりました。)


T指導員「信号で停止ねー。」と言っている


私頷きながらセカンド→ローにして惰性で走って停止…しなくちゃとバイクを操作していると…
途中で…



プスン…



シーン(-_-)



あれ?
バイクのエンジン止まっちゃった??
(でも、転ばなかったですよ。)


また、エンストした???
ギアが、Nだった???
少しパニック状態の来夢…



そこへT指導員が、バックしてきて
「来夢さん、スミマセン…今のは来夢さんが悪いんじゃないので…」


私???


T指導員「間違えて、バイクの緊急停止のスイッチ押してしまって…そのまま発進して下さい。」


( ; ゜Д゜)
その位置から発進→左折信号直進→一時停止→右折→長い直線サードに→障害物避ける→右折→信号で停止→左折→長い直線サードに→1番で停車
何とか出来た…


T指導員「まだ、少し時間があるので2周して1番に停止の練習していて下さい!」


時間までやりましたが、転ばなかったです。


T指導員「来夢さん、お疲れ様でした。前に自分が担当した時より、安定してきましたよ!」


私「ありがとうございます。」


T指導員「コース一人で走れる様にならないとね。停止も、できているから怖がらない事、って言うか怖くなくなったでしょ?」


私「いえ…やっぱり停止は、怖いし短い間にいろいろやらなきゃいけないから、パニックになりそうです。」


T指導員「考えながら、乗っているんじゃダメですよ。そのうち、考えなくても体が自然と動く様になるから…来夢さん、良い意味で慎重になりすぎ(笑)」


私「はい…」


T指導員「来夢さんFの交差点で右の確認とか、ちゃんとやってましたよ。今日は、お疲れ様でした。」


(実際自分では、覚えていません…)


私「ありがとうございました。」



次回も、後ろブレーキを使う!を頭に入れて身体に覚えさせようと思ってます。


次回は、天候が気になりますが、月曜日になります。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。