チビなアラフォー女子が普通二輪免許挑戦 (教習&練習日記)

アラフォー女子が148㎝(現在147㎝)のライダーになるまでの苦難の教習日記!

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習9日目(17、18時間目)発進停止は、まだまだ続く…

1週間振りに教習所へ行って来ました。


次の日腕、肩、足(特に股関節と左ふくらはぎ)が筋肉痛です。毎回筋肉痛になっていますが、1週間開けた今回は、特に…
3日後また教習なんですが…大丈夫かな(T0T)


本日1時間目の教習は、中型二段階の男性一人と来夢の二人で指導員殿も二人、本日もマンツーマン決定!有難いです。


来夢の担当は、またまた初めてお世話になるT指導員
来夢と同じ位の年齢?の指導員殿です。
挨拶の後、「来夢さん、ヘルメットの顎ヒモ大丈夫?」と言われたので、上を向いて顎ヒモを見せました(笑)「うん、大丈夫だね!」
(師匠である友人に教えて貰ったので、ばっちりです(笑))


現在の教習内容確認2番ピットからの発着、特に停止については安定していない事を話しました。


T指導員「分かりました。では、ウォーミングアップで2周して、停止しましょう。」


私「分かりました。」


発進は、動作が遅いながらも転ぶ事は、無くなりました。ただし、発進するとガックンとなってしまいます。
2周して、停止(少し前のめりになりながらも、停止)


T指導員「来夢さん発進時にガックンってなったでしょ、原因分かる?」


私「スミマセン…分からないです。」


T指導員「来夢さんは、発進してからの半クラの時間が短く、クラッチをパッと放すからガックンってなるんですよ。ゆっくりクラッチを放す様にして乗って見て下さい。」


私「なるほど‼やってみます。」


T指導員「では、また2周して停止して下さい。後、左のハンドルの握り方だけど…内側を握り過ぎてるから、クラッチレバーが握りにくくなっている様な気がするけど…普通は、指1本分位空けるんだけど…何か理由がある?」


私「スミマセン…ウィンカーが届かないので…前に指導員の方に内側握っても良いと言われたので…」


T指導員「そうだったんですね。なら気にしなくて大丈夫です。そのままやって下さい。」


発進→教えて貰った様に徐々にクラッチ放す→ガックンってならない\(^o^)/
で、2周して停止やはり少しガックンとなり右足を着いてしまったが、特に指摘されず


T指導員「来夢さん、遠くを見て走りましょうね。」
(また指摘された…自分では、見てるつもりですが、まだまだなんでしょうね)


私「はい…」


T指導員「来夢さん、コース走った事ありますか?」


私「コースって言うか、外周のみです。」


T指導員「そうなんですね。今日は、人も少ないからコース走ってみますか!自分の後ついてきてくれれば良いから、一時停止、信号は止まらなくて良いから、来夢さんのペース見ながら走るので無理しなくて良いですからね。」


(ヤッター\(^o^)/コース走れる!)
と指導員殿の後ろを追走左に曲がったり、右に曲がったり、初めて外周の逆回りもしました。
で、途中T指導員が停止「来夢さん、ここで停止してみましょう!」
で、見事に、転けました。
(私的理由…指導員の隣に停止と言う事は、左に転けると、指導員殿を巻き込んでしまう…何て考えていたら、右にガッシャン!って感じ)
T指導員苦笑い…


T指導員「今、走ってるコースは、検定のコースだからね。また、走るよ!」


また、コースを走る。この日は、風が強く結構怖い…
でまた指導員殿が停止をして、「来夢さん、またここで、停止しますよ!」今回の停止位置は、指導員殿の少し右後ろ→ガックンとしながらも、無事停止\(^o^)/


T指導員「では、そろそろ時間なので、2周したら2番ピットに停止して下さい。」


2周して2番ピットに無事?停止
(実際、良いですよ!と言われましたが、停車したのは、3番ピット付近)


T指導員「来夢さん、お疲れ様でした。停止は、最後に一気に止めようとしているから、じわじわゆっくり止めるを意識してやってみてください。それから、左足が外側向いているから内側にしてニーグリップを意識する事、後、目線は、遠くを見る事ですね。次の時間も頑張って下さい。」
私「はい、ありがとうございました。」



10分の休憩後2時間目
教習生は、小型ATの男性と来夢の二人です。
今回も、マンツーマンです。
この時間の担当は、直接担当にはなった事ありませんが、前に後ろブレーキの使い方でお世話になったY指導員です。


挨拶の後、ウォーミングアップで2周→停止
何とか、止まれるがやっぱり、ガックンとなる。


Y指導員「前ブレーキが強いから、ガックンってなるんだよ。もっと後ろブレーキ使わないと!はい、じゃ1周したら停まるよ。」


今日は、強風のせいか中々バイクに跨がれないし、ギアチェンジの右への足の移動がスムーズに出来ない…
もたついていると…


Y指導員「乗る時も遠くを見ないとふらつくよ!近く見たって良い事無いんだから、遠くを見てれば自然と近くも見えるでしょ!怖がり過ぎ!」


と怒られ、それでも今回は右への足の移動が上手く出来ない…
指導員殿にハンドル持ってもらって何とか、移動
発進しようと思った時に、強風でふらつき中々発進出来ない…


Y指導員「この位の風何か全然大丈夫だよ。目線を遠くにすれば、安定するから!」


足つきが、不安な私にとって悔しい一言でしたが、言われ通り、目線を遠くにしたらふらつきが少し落ち着きました。
で、発進→1周→停止やっぱり少しガックン


Y指導員「まだ、後ろブレーキが弱い!」


とY指導員がバイクに乗って前輪ブレーキだけで止まった場合と後輪ブレーキだけで止まった場合を実演して下さいました。
前輪ブレーキは、凄く効きが良く、後輪ブレーキはソフトな感じでした。


Y指導員「では、来夢さん1周して、後ろブレーキだけで停止してください。」


私「分かりました。」


1周→ローにして後ろブレーキで止まる…止まれない…思わず前ブレーキ使ってしまって停止


Y指導員「後ろブレーキが殆ど踏めて無いから止まれないんだよ。もっと思い切り踏んでも大丈夫だから、もう1周!」


で、1周して停止後ろブレーキ頑張って使う→止まりそうになる所で、左足出すが…右足ブレーキが甘くなる→転ける
Y指導員曰く足ブレーキが踏めて無いから転ぶと…
足ブレーキで止まろうとしてるなら、右に転ぶと…(T0T)
で、また1周→後ろブレーキ→左に転ける
まだまだブレーキが弱いから転ぶのだと言われ、もう一回何とか止まれたが、やはり右足が浮いてしまう感じだし、Y指導員には、今のは4割位しかブレーキ掛けて無いと言われるし…


もう1周→後ろブレーキ→停止→転ける今度は、右に…??もう訳分からなくなって来た…この時は、指導員に何も言われず…


もう1周→後ろブレーキ→止まれた…転ぶ
(やはり、思ったのですが、左足つこうと思うと右足が離れてしまう感じ…)
半分呆れられながら、最後に、もう1周→後ろブレーキ→何とか止まれた。
でも、やはり右足が浮く感じ…
Y指導員のブレーキは、私に向いていないのか?私のやり方が悪いのか?(確実に後者だと思いますが…)
また、停止が怖くなってしまいました(T0T)


最後に、Y指導員「一番ブレーキ踏めてた時で5割だったよ。もっと、後ろブレーキ踏んで良いから、後は、目線と怖がらない事!」


私「はい…分かりました…ありがとうございました。」
久しぶりに、ほぼ撃沈状態、久しぶりに2時間目は、コケまくりました…
と言う事で、まだ発進、停止です。


明日、教習ですが、Y指導員じゃ無いと良いな…


今年最後の教習混んでそうだけど、頑張ろう!
まだ、少し筋肉痛(笑)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。