おチビなアラフォー女子の普通二輪免許挑戦

アラフォー女子がチビライダー目指します!免許は、無事に取れるのでしょうか…

アラフォー女子&チビが、ハンディキャップだらけの女子が普通二輪免許を習得出来るか?

教習4日目(7、8時間目)

仕事が忙しく、また少々凹み気味の為更新が遅くなっておりますm(__)m



長文です。






転びに教習所へやって来ました…


本日1時間目


準備体操をし、本日の担当はS指導員
(初日の指導員とは別の方です。)


今日も、初めて見る指導員さん達です。(この教習所二輪の指導員何人居るのかしら?)


また、初めての指導員だった為これまでの来夢の教習の説明からです。


また、センタースタンド上でのバイクのクラッチ操作の練習
他の教習生に指示を出した後、来夢の指導(ほぼマンツーマンです)


前回の指導員と違う教え方…ウ~ン?
流石に、どれが良いのか解らなくなって来ました…(T0T)


また、発進が不安定気味に…
S指導員「股がってブレーキ、クラッチ握って、はい、重心右足にして…」


私が、もたついていると…


S指導員「あれ?もしかして、足付かない?」と一言
私は、見れば解るだろう!と思いながら、
「スミマセン…重心片足ずつ移動しながらじゃないと…」
S指導員「失礼ですが、身長は…」


また、この質問…
指導員の申し送りとか無いのかな?
と思いながらも
私「148センチです…」


S指導員「あっ、そうなんですね…じゃキツイですよね。では、そのやり方で良いので発進の練習をしましょう。」


1回目→半クラ出来ず、エンスト
2回目→半クラ出来ず、エンスト→転ぶ
3回目→ふらつきながらも発進成功→ギアをセカンドへ(暫くS指導員マラソンしながら私の後を追いかけ、遠く見て等の指示)
その後、3周位一人で外周ノロノロ走った所で、恐怖の停止命令→やはり、転倒(どうやら、クラッチの握り方が弱いらしい…)


ここで、教習終了!


S指導員「次の時間も、発進停止をやってもらいます。」


私「はい、宜しくお願いします。」
(心の中で勿論です。と呟き)


で最後にS指導員が私に、一言「二輪免必要なんですか?」(ショックで正確には、この言葉覚えてませんが、そんな感じの事言われました(T0T))


それって、ここまでして何で二輪なの?自動車でいいじゃん!と言われている様で悔しかった…(#`皿´)
悔しかったので、その嫌み?に対し、「身長が低いので、諦めていたのですが、ブログとかで低身長の方が免許を取ってらっしゃるので…」と答えてはみましたが…内心凄く悲しかったです。
私が、イラッとしたのが解ったのかは、わかりませんが
S指導員「最近女性で乗る方増えてますからね」と言っておりましたか…


正直凹みました(T0T)









そして、凹みながらの本日2時間目


担当は、ちょっと怖そうなA指導員
挨拶、免許確認の後
教習簿を見て、(全く進んでいないので)


A指導員「何か、教習やって分からないとありますか?」


私「発進、停止がまだ上手く出来ない事、少しバイクが怖くなっていまして…分からないと言うか、乗れてないんです」


この時点で、またもやマンツーマン指導
A指導員少し怖いのですが、指導内容は適格で、ビビりの私に、ビビっている暇を与えない感じの指導です。


先ずは、CB君を広い外周へ出し
A指導員「じゃ、発進してみて」


私、股がって→キーをオン→エンジンをオン→クラッチ、ブレーキ握り→右にヨッコラショ→クラッチをロー→左にヨッコラショ
発進準備OK!(ミラー合わせとかはまだやってません、まずは、発進、停止の練習なので)
半クラにして…


そこでA指導員「ブレーキいらないよ!」


フロントブレーキから手を放すが、ビビりなので指はブレーキレバーに
A指導員「発進の時は、指を掛けない!、リアブレーキも放す!じゃないと進まないよ!」
ごもっともです…f(^_^;


恐る恐るもブレーキ全て解除、続いて恐怖の半クラ少しずつ動くCB
A指導員「半クラでガマン、ガマン…はい、クラッチ放して…」


ほとんど、難なく発進≡3≡3≡3
程無く次の指令!
A指導員「クラッチ握ってセカンドにして!」
ぎこちないけど無事セカンドへ


A指導員バイクで私を追走
「近く見ないよ!遠く見て!」


外周3周した後
A指導員「次の直線でアクセル開けるよ!」


私、AT意外で初めてだったので、恐る恐るアクセルを開ける


A指導員「もっともっと!」と並走しながら指示
カーブ手前で「アクセル戻して…リアブレーキ掛けてみようか!」


おぉ、いきなりスパルタ!と思いながらもA指導員が、良いタイミングで指示(指令)を出して下さるので3周位でコツが分かり(スピードが遅い方がフラフラして怖い事を学ぶ)


「少し走ってて!」と初めて放置されました(笑)
更に3周位すると、「後1周で停まるよ!」とスパルタ指令


タイミング合わず、コケる→また、発進→外周回る3周→停止→コケるを繰り返し、結局1回も停止を成功する事無く時間になりました。
おまけに最後は、ブレーキレバー曲げました(T0T)


私「スミマセン…(T0T)」


A指導員「いや、大丈夫ですよ(^ー^)でも、来夢さん転び方上手いね(笑)」


私「スミマセン…いつも転んでいるので…」(痛いから逃げてるだけ(笑))


A指導員「良いんだよ!バイク放さない人もいるから…」
と言われてしまいましたが…f(^_^;
(前の時間のS指導員にも誉められた)


A指導員「車止まる時ブレーキどうやって操作して止めるの?」


私「ギュッと践みます!」\(^o^)/


…………(; ̄Д ̄)?






暫くの沈黙


A指導員「ホントに?」( ̄▽ ̄)=3


あっ!(; ̄Д ̄)?


私「ゆっくり、踏んで速度落として止まります」


A指導員「だよね。バイクも同じ、後はクラッチを握っているけど半クラになっているので止まる時は、しっかり握る事!」
イメージトレーニングしてね。と言われました。(良く考えたら前の時間もクラッチ注意されたんだった)


帰りに次回の予約
いつもの様に2時間連続で予約
受付のお姉さん「次回後、1時間で9時間目なので、2時時間目は、仮予約にしますね(^ー^)」



って、終わる訳無いじゃん…と心で呟き「お願いします」と予約を取って来ました(笑)

↑今の来夢の教習簿




ただ、今回初めてまともに走った気がします。
本当は、日にちを開けない方が良いのかも知れませんが、ふくらはぎのアザが酷いので、予約は1週間後にしました(T0T)


↑右足にもアザあります(T0T)



これから、どうなる事やら…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。